忍者ブログ

プロ野球好きです。中日ドラゴンズ馬鹿です。ドアラ・シャオロン・パオロンが凄く大好きです。 毎日更新は多分無理だけどドラゴンズのヨタ話、というよりほとんどドアラ・シャオロン・パオロンのことを綴っていこうかと。 合言葉は「ドアラブ」。

カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[07/05 タフィ]
[07/02 タフィ]
[05/18 タフィ]
[05/14 タフィ]
[06/26 北野ドラ子]
プロフィール
HN:
shippo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近お客さんがまた増えています。ドアラ人気が本当に凄い。
検索用語ももちろん「ドアラ」関係が圧倒的。
ドアラ凄い。なんなんだドアラ。

見に来てくださってありがとうございます。

 5/27の写真。

この日はナイター。マスコット撮影会の日。今年初めてマスコット撮影会に参加しましたが、去年より人の並びっぷりが飛躍的に伸びている・・・。
あ、でも練習見学会の列はホント凄かったです。
ドームの席も一昨年より去年、去年より今年と埋まってる気が。空席だらけなんかじゃあないよ。

マスコット撮影会、マスコットたちの負担を考えると苦しいけれど、もう15分早めて、より多くの人と撮影できるようにしてくれたら嬉しいです。

 マスコット撮影会が終わったら・・・ドアラ出たがっています。

 ドア押してます。左側のドア開いてますが・・・。

 B☆Bが忍び寄る・・・。

 ズルズル・・・

 引きずられました。

 B☆Bにかぶせられてますw

 鍵を開けてもらい、ドアラ出てきました。

 後ろからB☆Bが・・・。

 
そのまま引きずられ・・・

 先にB☆Bが出てきてくれましたw

 B☆Bにサインをお願いしました。

 似顔絵つき!かわいい!切れちゃってますが色紙の下には「2007.5.27@名古屋」と書いてくれました。ドアラと違ってすんなり漢字が書けるようですw
てか、左側、ドアラまだ出てきてないw

 日曜日なのでモヒカンはオレンジ。ちなみにこのモヒカンのセットは手に唾をつけて整えていると教えてくれました(爆)
しかし左側の、風にそよいでいる耳毛がインパクト・・・。

 シャオロン!どこ触ろうとしてるんですかっ!!

 や、その状態でかわいくピースされても・・・w

 ドアラに連れられてB☆Bもナゴドの観客席へ。

 北海道日本ハムファイターズの代表!ドアラの顔デカいな。

 やはりあっという間に人だかり。

 やっぱり凛々しくてカッコイイですB☆B。


この日は試合観戦する予定はなかったんですがやっぱり交流戦とかうずうずしたので前日にファミマでチケット購入。パノラマ外野ライト側。

 そしたら、ビジョンの一番端の席でした・・・。上のほうではあるけれど。取ろうとして取れる席じゃないからちょっとびっくり。
更にこの日は三塁側のビジョン端にはりょくさん現グラさん夫妻がいたんですよね。

 TV観戦をちょっと上から見下ろしている感じでした。

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ドアラ人気、私も実感!

日曜はけっこう風強かったですよねー。
キャラ撮の前、ドアラの耳毛がすごくなびいているな~って思ってたら…案の定私の髪の毛も「くしゃ」っと(笑)
満面の笑みに乱れた髪形…この笑える写真はいい思い出だわ(≧▽≦)

月曜にはドアラのそばにいたら 年配の男性から「シャッター押してくれませんか」と頼まれました。ドアラと写真に収まる嬉しそうな老夫婦。
恐るべしドアラ人気…幅広すぎるファン層…

ムーミン 2007/05/30(Wednesday)22:57:19 Edit
>ムーミンさん

そうですね、キャラ撮に出てきたドアラの耳毛がなびきまくって、SANAさんと大笑いしましたw
自分は帽子を飛ばされないように抑えていました。
笑えるいい思い出写真撮れてよかったですね~。
ドアラは老夫婦・・結構おじさんとかにも声かけられたりしてますね。
てゆーか大人が多い気が・・・w
パオロンは子供と女性が多い気がするんですけどね。

【2007/05/3119:51】
この記事へのトラックバック
Trackback URL